セフレの作り方(その4)さりげなく、大胆に会う約束を取る

6月 3, 2018

どーも!

セクハラボーヤです!

セックスしてますか?

という事で、前回はプロフィールをしっかり書けという内容だったんだが、

プロフィールをちゃんと書く様にしたら、

返信が増えたという話をしたんだけど、

 

何回か返信でやり取りしたら、

今度はTwitterの中のDM(ダイレクトメッセージ)でのやり取りに切り替えていく。

 

返信で数回ラリーしたら、メールに切り替える

 

じゃあ、メールのやり取りで何を話せばいいの?

と疑問が湧いてくると思うんだが、

で、ここからどんな話に持って行くかというと、

スバリ会う話に持っていく。

 

ただし、いきなり会おうという話をするんじゃなくって、

会う事を想像させる話をするって事。

 

「今度時間が合えば、〇〇に行こうよ!」

「〇〇が面白いらしいよ!今度行こうよ!」

など、軽いノリで、今直ぐじゃなくて、今度行こうと未来の話をする。

ここで、相手の反応を見る。

 

もし、ここで、相手の反応が余り良くない場合、

今ちょっと、忙しいからとか、言い訳したりして、ノリが悪い場合、

その女は切った方がいいね。

無駄な女に時間をかける程ムダなものは無いからね。

 

どんどん切っていく。

そして、話のはしばしにセックスを連想させる言葉を入れていく。

これにはコツがいる。

いきなり露骨にセックスしようなんて言わない。

 

また、普段のツイートで、女が反応するエッチなツイートを挟んでおく、

中には、そのツイートを見て、セックスしたいとDMを送ってくる女もいる。

 

このへんのノリは、Twitterに限らず別のSNSでも同じ。

 

もし、ここで、相手の食いつきがいい場合、どうする?

 

選択肢1 会う約束をする

選択肢2 電話で喋る

 

答えは、俺の経験上2が正解、電話で喋る。

それは何故か?

 

ここで、会う約束をする事も可能だが、絶対に喋っておいた方がいい。

何故なら、ここで、会う約束をしても、ドタキャンされる事が多いからだ。

サイトの中での約束はあくまでも、バーチャルな事で、現実味がない。

その為、親近感が湧かない、

めんどくさくなったり、会うのが怖くなったりする。

そこで、距離を縮める為に、直接話をする。

 

ここで、相手との距離を一気に縮める。

そして、電話をして仲良くなる。

電話での会話はDMの延長で、楽しく喋って、相手の緊張を解けばいい。

 

これは、俺の今までの経験で得た知識だが。

電話しないで、Twitter内で約束を完結をする事もできるが、その日になって、

都合が悪くなったと言ってくる女が過去に何人かいたので、

俺は必ず電話する様にしてる。

 

電話で話したら、ここで、遊ぶ約束をしよう。

電話したら、もう一気に会う方向に持って行く。

ここで、会う日を決めてしまう。

 

ここで、1つ注意が必要だ。

ビビるなって事。

 

もし、この文章を読んでる君が、今日暇なら、

「今日会わない?」と今日アポイントを取ってみよう。

 

出会いを求めてる女は暇な女が多い。

案外、今日会おうと言ったら会えたりする。

 

変に泳がせようとか、間を開けようとかの気遣いはいらない。

電話で会話をしたら、すぐに会う約束をしろって事。

 

という事で、会うまでのやり取りは、以上だ。

 

えっ?これだけ?

と思ったかもしれない。

 

これだけだ、

会うだけなら、これだけで会える。

 

ちゃんと、電話でコミュニケーションを取っておけば、すっぽかされる事もない。

騙されたと思ってやってみよう。

やれば分かる。

Twitter内でのやり取りの仕方、具体的にどんな呟きをすればいいのか?

とか、細かいテクニックをもっと知りたいという人は、もう実際にセフレを量産できる仕組みが体系化されているので、ちょっと、イメージがわかない場合は、ちょっとこれを勉強した方がいいかもしれない。

⇨ツイッターでセフレを量産する教科書

 

で、会ってからどんな感じでホテルに誘うの?

って疑問に思ってる童貞君いるかな?

 

いるよね。

という事で、会えさえすれば、ヤレるという自信がある人は、

やってみよう。

 

会ってからどうするのか分からないって人は、

次回会ってからの事を書くので、次の記事を読もう。

 

ただ、1つ言っておく、女は男と会うという事は、

セックスする覚悟で99%来る。

経験上、会えればヤレると思っていい。

関連記事

関連記事:セフレの作り方(その5)会えば必ずセックスしろ

関連記事:セフレの作り方(その1)セフレ作りの達人の凄いエピソード

関連記事:セフレの作り方(その2)Twitterでセフレを作る

関連記事:セフレの作り方(その3)プロフィールはしっかり作れ