セフレの作り方(その5)会えば必ずセックスしろ

6月 3, 2018

ども!

セクハラボーヤです!

前回は、出会い系サイトから、電話番号を交換して、

会う約束を取り付ける方法の話だったね。

何となく分かったかな?

 

サイトの中でやり取りするんじゃなく、素早く電話番号を交換するって事、

電話番号を交換したら、すぐに電話で話す。

鉄は熱いうちに打てって言葉聞いた事あるかな?

 

それと、電話は相手との距離を縮めるという効果もある。

で、会う約束をするわけだが、

 

会ったら、

必ずセックスしてね。

 

セフレを作る場合は、普通の恋愛の順番と違う

勘違いしている奴がいるんだが、

会う→仲良くなる→何度か会う→セックスする

これ、間違いだから!

 

会う→セックスする→また会う→セックスする→セフレになる

というのが正しい順番。

 

だから、会ったら必ずセックスする。

遊ぶ時はセックスとセットという感じかな。

 

因みに俺は、出会い系やSNSで会った女とその日にセックスやらなかった事はない。

あっ、余りにもブスなんで、ヤらずに帰った事はある。

何故そんなにセックスができるのか?

 

それは、女も男と会ったら、

セックスするだろうという事を頭に描いて会いに来ているという事、

だから、会ったら殆どやれるという事だね。

 

はっきり言うと、女もヤリにきてるという事だ。

これは、嘘じゃない。

 

じゃあ、会ったら、どういう順番でホテルに行けばいいのか?

これは、簡単、

飲みに行く→ホテル

もしくは、会う→ホテル

のどちらか。

会う前に、何回も電話して、電話でかなり親しくなり、

会ったらセックスする約束している場合は、会ったら、

いきなりホテルに行ってセックスしてもいい。

 

俺も一度経験した事がるんだが、

昼間会った時、

「どこ行く?お茶でも?」

とこっちが言ったら、相手の女の方から、

「お茶はいい、ホテル行こ」と言われた事がある。

 

ただ、そこまで、電話でお互いの距離を縮めてない場合は、

飲みに行く。

 

酒を飲ませる。

酒は相手の緊張感をとき、リラックスさせる事ができる、

そして、大胆にさせる事ができる。

 

前回も解説したが、会うという事は、

女もセックスする事を覚悟して会いに来ている。

ヤリに来ているんだ。

 

酒を飲んでリラックスして、好感度を相手に与える事ができれば、

ほとんど口説く必要はない。

 

※ただし、ここで変な会話とか、

ガツガツした強引な態度を取ったら、終わりだ。

 

女に好感度を与える話し方というのは、もう体系化されている。

この話し方をすれば、年齢や経験は関係ない。

モテ会話マスタープログラム 会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛

 

酒を飲みながら、相手にセックスを意識させ、大胆にさせる。

 

何気ないトークで、好感度を上げ、

抱かれたくなるパータンが。

 

まだ、童貞で、女の経験がなく、どおやって、

好感度を上げるか分からない。

どお持っていけばいいか分からない、

自信が無いって奴は、さっきの電子書籍で、

事前に勉強しておいた方がいいかもね。

 

という事で、今回は、会ったら必ずセックスするという話でした。

関連記事

関連記事:セフレの作り方(その6)もう一度会いたいと思わせろ

関連記事:セフレの作り方(その1)Kさんのルール

関連記事:セフレの作り方(その2)お前は何をした?

関連記事:セフレの作り方(その3)プロフィールはしっかり作れ

関連記事:セフレの作り方(その4)さりげなく、大胆に会う約束を取る